消費者金融が無職の人でも審査に通す時は、どんなときですか?

ごく稀に消費者金融が無職の人を審査に通すことがあると知りました。それってどんな時なんですか?

無職にもいろいろあるよね、例外の人が審査通過を果たしてる

無職の人が消費者金融の審査に通ることは皆無だけど、そこには例外がいて、仕事はしてないけどマンションなどの家賃収入があるような人は、家賃という収入があるから審査に通る可能性が高いです。無職でどこからもお金が入ってこない人は、絶対審査に通ることはありません。それから確率は低いけど、生活保護を受けている人。これも一応どこからもお金入ってこないというわけではないからね。ただし、万が一審査に通っても借入限度額は最低ラインだと思います。

さらに、これも確率は低いけど年金受給者、年金は人によって高額受給者もいるから、そんな人は楽々審査に通りそうだけど、カードローンには年齢制限があるから確率が低くなる。年金は老人が受け取るものだしね。一般的にカードローンの年齢制限は20歳~60歳か65歳。消費者金融によっては69歳という会社もあるけど、それは稀な業者。だから、65歳から年金を受け取れるとしても、ほとんどの貸金業者では年齢制限に引っ掛かるから申し込む事さえできない。

数少ない69歳までの業者が探し当てられたとして、そこの審査に通過しないと借入ができないという狭き門なんですよね。だから年金受給者は消費者金融を利用d系る確率は低い。そして、自分は無職だけど保証人がしっかりしている場合。たとえば20歳未満の学生は、未年という事で本当なら消費者金融の年齢制限にひっかかるんだけど、保護者が保証人になれば可能になることもる。

結局これは、親がカードローンを申し込んだのと同じようなことだと思うんだけど、未成年の学生の場合は親の保証が必要ですと明記されていることをよく見かけるから、そのような場合は無職ともいえるかもね、と思ったわけ。業者によっては親の保証があっても本人がバイトをしていることが前提になる可能性が高いけどね。もしかしたら学生は、親の仕送りの金額で審査通過なんてこともあるのかもしれないね。

そういう場合は、振り込まれる通帳の写しとかが必要になるかも。とにかく審査に通過するためには、貸す側も安心したいから、どこからでもいいから収入さえあるのなら見せて!という気分じゃないかな。それから、株などの配当金が定期的に入る人も無職でも収入があるとみなされる可能性がある。このように、貸したら返すという基本的なリズムが繰り返しできる人なら良いという事だと思うんだ。

ただし、OKを出すのは消費者金融側だから、こっちがいくら訴えても何にもならない。来月から働く予定です!というのも通用しない。働き始めてから申し込んでくださいと言われるのがオチ。しかし、新卒者が就職が決まっている状態で借り入れ希望をする場合は、内定が決まっていることを証明できる書類があれば審査に通る可能性は高くなります。

こんな感じでいろんなパターンがあるけど、結局は全く収入のない人ではダメってことだよね。何かしらの収入があるのなら、申し込んでみてはどうかな?

消費者金融の審査は無職でも受けられる?実態を知ろう

消費者金融の審査がなぜ行われているのかというと、お金を返してもらえるかどうかを確認するためです。返済能力のある人にお金を貸すのならいいですが、そうでない人にまでお金を貸してしまうと、回収できないお金が増えることになりますよね。そうなると、消費者金融自体の経営が成り立たなくなってしまいます。

消費者金融としてもそういうリスクを負うわけにはいきませんので、お金を返してくれるだろうと判断した人にだけお金を貸しているということですね。それでは、その審査で見られていることは何かという話ですが、主には収入と信用に関することが見られています。

具体的な内容を見て行きますが、収入に関しては勤務年数、年収、職業、職場の規模、勤務形態などが審査の項目となります。勤務年数が少ないと辞める可能性があるかもしれないと判断されて不利になりますし、逆に長ければ安定していると見られて有利になります。

年収は高ければ当然評価は高くなるのですが、それは職業と絡めて見られており、いくら収入が高くても離職率の高い職業であれば不利になるなど、総合的に見られています。職場の規模は大きい方が経営が安定していると考えられますしね。そのように、いろんな側面から返済能力を判断しているということです。

次に信用に関することですが、これは今までの借り入れです。借り入れがなかったり、あっても完済していたりすれば問題はありませんが、今借り入れがある場合は金額や借り入れ先の件数によってはあらたな融資は受けられないこともあります。また、滞納や債務整理の経験があると、ほぼ借り入れは不可能となります。以上が消費者金融の審査の項目です。

どのような項目があるのか確認してみると、細かくチェックされていることがわかりますよね。そのような審査の実態を考えると、無職の人が審査に通るのは難しいということがおわかりいただけると思います。もちろん、審査を受けてはいけないという制限はないので受けるのは構いませんが、通る可能性が低い状態で受けても意味がなさそうです。

そのような場合、申し込みをする前に簡易診断ができる消費者金融のホームページを利用してみたら、結果がわかりやすくなります。しかし、無職でも審査に通る可能性のある状況がいくつか存在しています。

まずは、すでに就職先が決まっていて、入社を待っている状態での無職です。勤務年数を重視する消費者金融では審査に通りませんが、融通のきくところであれば借りられる可能性が出てきます。それから、配偶者に収入がある無職の人です。ただし、消費者金融での借り入れの場合、本来なら収入がない人にはお金を貸せませんから、配偶者の同意書が必要になりますし、配偶者が審査に通らないような状態であれば借り入れはできません。

以上のように、無職でも状況によっては審査を受けて通る可能性が出てきますが、ほとんどの場合は無理だというのが実態です。

キャッシングでスポーツ観戦に行けた

俺には応援しているプロ野球の球団があるんだ。毎年友達と一緒に何度か球場に足を運んで応援するんだが、今年はちょうど誘われた時に金欠でさ。でも、毎年の恒例行事だし、友達にお金がないから行かないなんて言えないだろ。

だから、キャッシングしてお金を用意することにしたんだ。誘いがあった後、すぐにパソコンから申し込みをしたんだけど、手続きが終わるまでがすごく早くてさ。こんなに短い時間でお金が借りられるもんなんだなと驚いたよ。

実は、キャッシングなんて使うのは初めてだったんだが、それでも全く困ることなく申し込めるってさすだがよな。おかげで、今年も野球観戦が楽しめそうだ。

あまりに簡単に借りられて感激したよ

子供が二人いて、パートの身なので自由になるお金は限られています。たまには自分の物が欲しくなる時もあるのですが、いつも我慢していました。

ところが先日、ネットで素敵な指輪を見つけてどうしても欲しくなったんです。少しずつ貯めたパート代にあとちょっと足せば購入できます。

そのとき、サイトの横にあった広告に「即日融資」とあったので思わずクリックして申し込んでいました。考える暇もなくお金が借りられて仰天です。今まで悩んでいないで、もっと早く利用していれば良かったと思っています。

自宅に趣味部屋を作るために

一軒家を建ててから数年以上経ちますが、部屋がいくつか余っているため、その内のひとつを自分の趣味部屋へと改造することに決めました。大掛かりな改築などは行いませんが、大きな棚や転倒防止の設備など、見積もりを取ると費用は数万円ではききません。

元々、私の趣味に関しては家族の理解を得られていましたし、家計に迷惑をかけないのであればという条件でその費用は全て私が用意することに。

ただ、手持ちの予算では足りなかったので、ネットで借入を行いました。趣味部屋にパソコンを持ち込んで手続きを行いましたが、本当にすぐ結果が出てお金を借りられたので驚きです。おかげですぐに趣味部屋への改造に踏み切ることができ、満足です。